« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

アメリカの家の値段

アメリカでは不動産バブルがはじけて、価格の下落が止まりません。といっても上がりすぎていた値段が、適正価格に戻りつつあると行った感じなので、とくに驚きもありません。しかし、サブプライムローンで家を購入したが、ローンが返せない(と思われる)人たちが次々にいなくなっています。

家のまわりでも、"For Rent" や "For Sale" の看板を掲げた家が増えてきました。

20090720_1
20090720_2
今日撮影した近所の空き物件。困るのは町がゴーストタウン状態になってしまうことで、治安が心配ですね。

ところで家の価格は Yahoo.com からリンクされている zillow.com でみてみると分かりやすくて興味深いです。

http://www.zillow.com/local-info/CA-Los-Angeles-Metro-home-value/r_394806/

これはロサンゼルス一帯の家の平均価格ですが、現在はおおよそ 4000 万円といった感じでしょうか? バブル絶頂期 2006 年では 1.5 倍の 6000 万円くらいまであがっていたようです(ちなみに 10 年前は 2000 万円ちょっとだったので、10 年で 3 倍まで値段が上がったことになる)。

もちろんあくまでも平均なので、ビバリーヒルズやマリブは今でも 2 億円を超えてますし、砂漠のパームデールやランカスターは 2000 万円以下で家が買えてしまいます。

将来、日本に帰るかアメリカに留まるか、未だ不明ですが買い時は難しそうですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

玄箱 HG を Debian lenny にアップグレード

2 年程前に 玄箱 HG を Debian etch にしたのですが、etch は来年の 2 月でサポートが切れてしまうため、最新の lenny にアップデートしなければなりません。

lenny にアップデートするには、下記の関門があって、しばらく様子見でした。

  1. ブートローダーに u-boot が必要(flash を書き換える必要あり)
  2. apache が無くなり apache2 になった

特に 1. は失敗すると、玄箱が死んでしまうので慎重にやらなければなりません。2. は 2 ちゃんねるビューアー p2 のために PHP を使っているのですが、apache2 はメモリ食いなので、lighttpd に乗り換える必要があります。

20090712
バックアップの為に分解された玄箱。CF 化しているので、中身はかなりすっきりしている。

慎重に、と言いながらビール片手に思い切ってやってみました。用意したのは u-boot 対応のカーネルイメージ(kernelimage-2.6.20-kuroHG-uImage.tgz)とカーネルモジュール(modules-2.6.20-kuroHG.tgz)、そして u-boot(u-boot-hg.flash.bin)。これらを http://www.genbako.com/ から入手(感謝)。

カーネルは /boot に展開し、カーネルモジュールは /lib/modules に展開。最後に(念のため) EM モード(echo -n "NGNG" > /dev/mtdblock2)で起動し、u-boot を書き換え(cat u-boot-hg.flash.bin >/dev/fl2)。

EM モードを抜けて(echo -n "OKOK" > /dev/fl3) 再起動。そして ssh でログイン出来たらガッツポーズ。あとは普通に Debian のしきたりで etch から lenny にアップデート すれば完了。

玄箱をパソコンと呼べるなら、私のなかで玄箱はかなり息の長いパソコンになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家の窓にフィルムを貼る

アメリカというかロサンゼルスの近所では、カーテンの内側にレースのカーテンを利用しているのが少なく、ブラインドを使っている家が多いです。ブラインドでもいいんですけど、外の明かりを入れたい時は、外から丸見えで防犯上よくありません。

車でもフィルム貼ることがありますが、家の窓でもフィルムを貼ることができます。近所の Home Depot でフィルムが売っていたので、これを取り付けてみることにしました。

20090704_1
何もつけていない状態。テレビで何を見ているかがはっきりと見えてしまう。


今回は、嫁がフィルム貼り作業をしてみたいと言い出したので、自分が子供たちを面倒をみて、嫁が作業をすることになりました。

20090704_2
ミラータイプのフィルムを下半分に取り付けてみた所。

20090704_3
完全に中が見えなくなった。

フィルムの効果は絶大で、カーテンを開けっ放しにすることで家の中がかなり明るくなりました。また
UV カットの他、家の中が暑くなりにくくなったので、子供たちが窓際で遊んでても平気ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »