« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

ロサンゼルス動物園

先週末、アメリカはひさびさに 3 連休でした(メモリアルデー)。子供たちを連れてロサンゼルス動物園まで行ってみました。


View Larger Map
やっぱりアメリカは自然が多いですね。車で 30 分で行けるのがうれしい。


20090528_1
よく見ると長い列が右にのびている。これはチケットを買う行列。30 分くらい並んだ。


20090528_2_2
はりきっているのは親だけかもしれない。娘 1 号は、ここが動物園だということを認識してない感じ。


20090528_3
結局、花より団子ということで。


日本はゴールデンウィークとか 16 連休とか言っていたみたいだけど、アメリカは 2 月 16 日のプレジデントデー、5 月 25 日のメモリアルデー。次の祝日は 7 月 3 日(4 日)のインデペンデンスデーと、3 ヶ月に 1 日くらいしかありません。

早く有給をためて 3 週間とか一気に休みたいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プール開き

ロサンゼルスは暑くなってきました。30 度は超えないものの、日差しが強いので毎日エアコンをつける日々です。先日弟がビニールプールを買ってくれたので、早速娘 1 号を遊ばせてみました。


20090521_2
なぜかプールで砂場セットを持ち出して遊んでいる。


近所に無料の公衆プール場があるので、もっと暑くなったら私もプール開きですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自分でカーナビを取り付けてみました

カリフォルニア州では数ヶ月前から携帯電話を持ちながら運転するのは罰則の対象になりました。Bluetooth が普及しているので、多くのドライバーはヘッドセットを使っているのですが、嫁が使いたがらず、運転中は電話がつながりません。

ならば Bluetooth 対応のカーオーディオでもつけようか

せっかくなら娘 1 号が飽きないように、DVD が観られるやつがいい

だったらもうナビゲーションにしちゃおうか


ということでカーナビを買ってしまいました(汗)。アメリカではなんでも DIY が普及しており、カーナビの取り付けも自分で行う人も少なくありません。私が利用したオンラインのショップ http://www.crutchfield.com/ で買うと、自分の車と年式、装備を選ぶと、取り付け方法のマニュアルや、ハーネス、ダッシュパネルを無料で送って来てくれるので、自分で取り付けてみました。


20090511_1
ハーネスの接続作業。同じ色を組み合わせるだけなので簡単だけど、結構時間がかかった。パーキング信号をグラウンドに接続したのはナイショ。


20090511_2
パネルの取り外し。これが一番大変だったかも。この他 GPS アンテナや、ハンズフリー用マイクの取り回しのため、ハンドル下のパネルも取り外した。

20090511_3
ナビを取り付けた後にバッテリーをつけて動作確認。この時点で深夜 3 時すぎ(娘たちが寝てからおこなったので)。なにやってんだか。

20090511_4
自分の iPhone と、嫁の携帯電話を Bluetooth で接続して動作確認。走行中に DVD が観られるのも確認。


ちなみに私が買ったナビゲーションは裏技で Windows CE モードに入ることが出来て、設定を書き換えることでかなりいじることが出来ます。バッテリーを長時間外していたので ECU (車のコンピュータ)がリセットされ、これに気づくまでちょっとトラブりましたが、いい経験が出来ました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

SanDisk Extreme III 30MB/s Edition 買いました

一眼レフカメラを買ったものの、RAW フォーマットで撮影しているとすぐに BUSY と表示されて、長い間撮影できなくなってしまいます。これは使っている SD カードが遅いせいなのですが、容量も 2GB しかないので、あっという間に使い切ってしまいます。


20090504_1
いままでコンパクトデジタルカメラで使用していたレキサーブランドの SD カード


そこで、思い切って SanDisk で販売されている最高速 SDHC カード Extreme III 30MB/s Edition を買ってみました。


20090504_2
最大の 16GB。アメリカの Amazon.com で購入。値段は日本と同じくらいで $120 くらい


20090504_3
レキサーの SD カードと比べて、ちょっと厚みがあって、ソケットに引っかかってしまうこともある。


EOS KISS X2 は RAW 撮影を最大 6 枚まで(5 枚で終わることも多い)行うことが出来るのですが、レキサーの SD カードでは、5 枚取り終わった後に BUSY となり、数秒間、全く撮影ができませんでした。

一方 Extreme III 30MB/s では 5 枚取り終わった後、一瞬 BUSY が表示されますが、撮影は続けることが出来ます(ただし、連写は遅くなる)。

これはもう EOS KISS X2 の方が追いついてない感じです。中級者向け一眼レフ EOS 50D では 16 枚まで撮影が出来るみたいなので、これ以上はカメラ本体の性能でしょう。


20090504_4
おかげで、いつでも撮影できるようになったので、シャッターチャンスを逃すことがなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »