« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

iLife '09 の使い心地

BestBuy のポイントがあったので、iLife '09 買ってきました。

20090127_1
アメリカで買っても日本語版として使えるのはうれしいところ。


会社のマシンだったのでそんなに写真は無かったのですが、iPhoto の顔認識はよくできています。

20090127_2
成長の早い 0 歳 ~ 1 歳半だと正解率は 50 % くらいでしたが。


20090127_3
ジオタグ。iPhone で撮影したものは GPS による位置情報が入っていたため、すでに登録されていた。


20090127_4
期待していたレッスン。イントロダクション以外はダウンロードしなければならない(無料)。


20090127_6
とりあえず、イントロダクションだけでも見てみようかと思ったら、こんな警告が。もちろん無視して見ることは出来ますが、やっぱり USB キーボードでも買おうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Skype 電話(Skype out)が拒否される理由

日本への電話は、もっぱら Skype out を使っています。固定電話宛だと約 3 円/分、携帯電話宛でも約 20 円/分と格安ながら、海外に出張に行った際もパソコンさえあればどこからでもかけられるので重宝しています。

ところが最近、電話に出てもらえなくなるケースが多いなーと思っていたら、ついにうちの母親さえ出てくれなくなる始末。どういうことかと弟経由で確認してもらったら、「非通知拒否」の設定をいれたとのこと。

どうやら Skype out で日本に電話をかけると携帯電話には「非通知」で表示されるみたいで、携帯で非通知着信拒否の設定をされてしまうと、まったく電話がつながらなくなります(Skype には話し中と表示される)。

試しに自分の携帯に Skype から電話してみると、アメリカ国内では下記のように表示されました。

20080120
なんと電話番号が「0」。こんな電話がかかってきたら、確かに無視したくなります。ちなみに本当に非通知の場合は「unknown」と表示される。

どうやら Skype ではオプションで 発信者認識番号 という機能があるみたいですが、「日本未対応」と大きく書かれています... orz。

とにかく未だに母親には電話が通じないわけですが、なんとかしてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mac / iPhone アプリケーションの開発

最近は仕事の関係で Mac アプリケーションの開発をしているのですが、かつて OPENSTEP をかじっていた身としては Objective-C, Cocoa(AppKit/Foundation) は簡単と思っていたら、MacOS X 10.3 以降、いろいろ変わっているんですねぇ(特に Bindings)。

Apple Developer Connection のメンバーシップ をもらったので、WWDC 2008 のビデオ を見ているのですが、これがとてつもなく良くてびっくり。初心者から上級者まで対応し、各分野の詳細が語られており、How To, Tips, Demo もありで、これとリファレンスドキュメントだけでマスターできます。

20080113
膨大な数のセッションビデオがみられる。もちろん英語だけどそんなに難しくない(2007 年は字幕があったけど、なぜか 2008 は無くなってた)。

書籍を買ったり教育を受けたりするよりも、ビデオをみながらセルフトレーニングする方が時間も短縮できるしコストも抑えられるので、とてもしっくりきました。ほかも追従してほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iLife '09, iWork '09, 17 インチ MacBook Pro

せっかくカリフォルニアに住んでいるので、最後の Macworld いきたかったなぁ。今回の目玉は iLife '09, iWork '09、17 インチ MacBook Pro と iTunes plus のようですが、Snow Leopard やデスクトップに関してはまったく無し。

発表された中で個人的に気になったのは

- iLife '09
親はギターを弾けるのですが、私もいつかピアノかギターを習いたいなぁと常々思っていました(といっても MIDI 音源持っていて、使いこなせなかったのが悔しかった)。よっぽど ヤマハのミュージックレッスンオンライン でも受けようと思っていたくらい。GarageBand の Basic/Artist Lessons はまさにドンピシャ。英語オンリーだと思うけど、これはすごい。


- 17 インチ MacBook Pro
つるつるじゃないアンチグレア液晶が選べたり、最大メモリーが 8GB になったのは、さすがプロ仕様といったところです。15 インチも追従してほしいところ(でもコストパフォーマンスは iMac の方がいいので、買うことは無いと思います。持ち歩かないし)。


今年は仕事で WWDC に行くことになるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »