« サマータイム終了 | トップページ | サンフランシスコに行ってきました »

iPhone 1.1.2 で日本語キーボードは?

ついに米国以外でも iPhone が発売され、ファームウェア 1.1.1 で見送られていた国際化キーボードが enable になるのでは? と期待していました。

案の定、ドイツで iPhone が発売されたのと同時に、ファームウェア 1.1.2 がリリース。しかも国際化キーボードの設定があるとの情報を聞きつけたまではよかったものの、設定出来るキーボードが、イギリス、ドイツ、フランス、イタリアのみで、日本語はまたもや無しらしい。

なんなんでしょう。日本で iPhone が発売されるまで、永久に日本語キーボードが使える日は来ないのでしょうか? 素直に待っているのが、ばかばかしくなってきたので、1.1.2 にはアップデートしないで、さっさと 1.1.1 を改造することにしました。

20071112_1
"iPhone jailbreak SpringBoard.app" で検索すると、日本語キーボードを使えるようにする改造方法がわかる。この International を true にすることで、日本語を含めたキーボードが使える。

20071112_2
改造後、なんなく日本語キーボードが使えるように。

20071112_3
メールでも日本語が入力出来る。ただし Content-Type: text/plain; charset=utf-8, Content-Transfer-Encoding: quoted-printable で送られる。日本の携帯って、Quoted UTF-8 のメール読めたっけ?

20071112_4
改造したおまけとして、いわゆる "勝手アプリ” が使える。これはターミナル。iPhone から ssh で他のマシンにログインしたり、iPhone に ssh でログインも出来る。

やっぱり日本語が入力出来るのと、出来無いのでは、使い勝手が全然違いますね。

転売防止等、さまざまな理由があって日本語キーボードを隠蔽しているんでしょうけども、実装されている機能が使えないというのは、本当に不満でした。こうやって改造する人が増えちゃうのにね。

|

« サマータイム終了 | トップページ | サンフランシスコに行ってきました »

「Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166812/17054031

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone 1.1.2 で日本語キーボードは?:

« サマータイム終了 | トップページ | サンフランシスコに行ってきました »