« 電話抜きの iPhone、iPod touch | トップページ | PLC(電力線通信)を導入しました »

Turbo.264 で DVD から直接変換

前回も書いた H.264 ハードウェアエンコーダー Turbo.264 に関して続報。

あれからせっせと動画を iPod/iPhone 対応の H.264 に変換しているのですが、ひとつ行き詰まったのが iDVD に書き出した DVD をどうやって H.264 に変換させるのか? ということ。iDVD に書き出した後、iMovie のファイル(実際は DV クリップ)を削除してしまっているケースがほとんどで、DVD-Video しか残ってません。

再度 DV テープから読み込んで、iMovie で同じように編集するのもばかばかしいので、直接 DVD-Video から Turbo.264 を使って H.264 に変換できないかどうか調べてみました。

そこで発見したのが MPEG Streamclip というフリーソフトウェア。これは MPEG (1/2/4) を編集して書き出せる便利なソフトで、著作権で保護されていない(iDVD 等で作成した) DVD-Video からも直接読み込むことが出来ます。

現在β版として開発中の 1.9 のリリースノートをみると

1.9b2


  • new feature "export to other formats"

  • fixed compatibility with QuickTime 7.1.6 and large files

  • compatible with Elgato Turbo.264

キタコレ。ということで、さっそく試してみました。

20070910_1
DVD-Video をセット(ISO ファイルの場合は一度マウント)して、メニューから "Open DVD" を選択

20070910_2
見事に DVD-Video が認識される。

20070910_3
ここで "Export to Other Formats" (Export to QuickTime ではない)を選択すると

20070910_4
Format の項に Elgato Turbo.264 が現れる。これで Turbo.264 を使って DVD を直接 H.264 に変換することができます。

ちなみにこの画面では iPod/iPhone のプロファイルに合致しないサイズ(1920 等)で書き出せそうな感じですが、私の環境ではエラーとなってしまい書き出せませんでした(Turbo.264 の問題なのか MPEG Streamclip の問題なのかはわかりません)。

これで残りは x264/avi なファイルだけです。もう ffmpeg -vcodec copy 等で mp4 コンテナにしてしまおうか...

|

« 電話抜きの iPhone、iPod touch | トップページ | PLC(電力線通信)を導入しました »

「Mac」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。Turbo.264の評価を探していてこのページにたどり着きました。当方Xacti HD-1やHitachi DZ-HS503で取った映像をH.264に変換しています。結構時間がかかりますよね。Turbo.264の物欲がふつふつと沸いてくるのですが、おまけにこのページで知ったのですがMPEG Streamも対応していると言うことであればなおのこと興味があります。少し寝て検討します:)

投稿: ウエダ | 2007年9月23日 (日) 23時36分

ウエダさん

いずれハード(CPU 速度、コア数向上)と、ソフト(エンコーダーの最適化)の進化によって、Turbo.264 は短命になるとは思いますが、現時点においては、やっぱりあると便利ですよー。

投稿: ひできち | 2007年9月25日 (火) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166812/16411062

この記事へのトラックバック一覧です: Turbo.264 で DVD から直接変換:

« 電話抜きの iPhone、iPod touch | トップページ | PLC(電力線通信)を導入しました »