« 玄箱を Gentoo から Debian へ乗り換え | トップページ | アメリカのファミマは、コーヒーが無料 »

Mail.app と Courier-IMAP の組合せ

自宅のサーバーである玄箱を整理しているついでに、玄箱へ IMAP 環境をつくり、メールの整理をすることにしました。自分で言うのもなんですが、とても几帳面な正確で 1996 年から受信したメールをすべて保存してあります(MH 形式ですが)。これを IMAP 経由でアクセスできれば MacOS X の Spotlight で検索できるだろうという目論見です。

いままで IMAP は uw-imap を部分的に使っていましたが、メール数が 2000 くらいを越えると、玄箱ではとても重すぎて使いものになりませんでした。そこで今回は Courier-IMAP を使うことにしました。

Courier-IMAP の設定の仕方は Web でゴマンとあるので、ここでは載せませんが、Courier-IMAP で IMAP フォルダを作成する場合にハマってしまいました。どうやら Courier-IMAP は、必ず名前の先頭に "INBOX" を付けて、ドットで区切るという方式のようで、uw-imap から乗り換えると MacOS X の Mail.app で接続したときに、IMAP フォルダがうまく作成できません。

調べてみると、ちゃんと解決法があったんですね。Mail.app の設定で IMAP パスのプレフィックスを INBOX と指定することで、きちんと IMAP フォルダが作られるみたいです。

20070821

これで iPhone にメールの検索機能でもついていれば、外からアクセスできるようにするんだけどなー。

|

« 玄箱を Gentoo から Debian へ乗り換え | トップページ | アメリカのファミマは、コーヒーが無料 »

「Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166812/16187763

この記事へのトラックバック一覧です: Mail.app と Courier-IMAP の組合せ:

« 玄箱を Gentoo から Debian へ乗り換え | トップページ | アメリカのファミマは、コーヒーが無料 »