« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

アメリカのファミマは、コーヒーが無料

以前にも 書いた、ファミリーマートのアメリカ支店である Famima!! 。つい 1 ヶ月程前から、コーヒーのキャンペーンを行っているみたいです。

Famima !! のホームページ からは、コーヒーが $1 で買えるクーポンがダウンロードできますが、実は無料でもらえるクーポンも存在します。

20070827_1
iPhone で撮影したため、ピンぼけしてしまいましたが、これが無料のクーポン。

せっかくなのでコーヒーといっしょに朝食を買い、休日の朝はここでゆっくりと過ごしてたりしています。ちなみに日本のコンビニと違い、店内でゆっくりとコーヒーを飲んだり、買った食べ物を食べるスペースがあります。

20070827_2
なお、売られている食べ物は、日本のコンビニのようにバリエーションは豊かではありませんし、少々値が張ります。

この無料のクーポンは、毎週日曜日の新聞に折り込まれている他、Famima!! の店舗にて無料で配布されている日系情報誌で見つけることが出来ます。つまり、帰る際にこの情報誌を持って帰れば、また次も無料でコーヒーがもらえるという仕組みです。

なお、このクーポンを使う際、特に他の買いものをする必要はありませんが、たまにリサーチと称して「このクーポンはどこで手に入れましたか?」と聞かれたりするので、あまりせこいことはしない方がよいでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mail.app と Courier-IMAP の組合せ

自宅のサーバーである玄箱を整理しているついでに、玄箱へ IMAP 環境をつくり、メールの整理をすることにしました。自分で言うのもなんですが、とても几帳面な正確で 1996 年から受信したメールをすべて保存してあります(MH 形式ですが)。これを IMAP 経由でアクセスできれば MacOS X の Spotlight で検索できるだろうという目論見です。

いままで IMAP は uw-imap を部分的に使っていましたが、メール数が 2000 くらいを越えると、玄箱ではとても重すぎて使いものになりませんでした。そこで今回は Courier-IMAP を使うことにしました。

Courier-IMAP の設定の仕方は Web でゴマンとあるので、ここでは載せませんが、Courier-IMAP で IMAP フォルダを作成する場合にハマってしまいました。どうやら Courier-IMAP は、必ず名前の先頭に "INBOX" を付けて、ドットで区切るという方式のようで、uw-imap から乗り換えると MacOS X の Mail.app で接続したときに、IMAP フォルダがうまく作成できません。

調べてみると、ちゃんと解決法があったんですね。Mail.app の設定で IMAP パスのプレフィックスを INBOX と指定することで、きちんと IMAP フォルダが作られるみたいです。

20070821

これで iPhone にメールの検索機能でもついていれば、外からアクセスできるようにするんだけどなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄箱を Gentoo から Debian へ乗り換え

会社の開発マシン、自宅の玄箱ともに Gentoo Linux を使っていたのですが、諸々の事情により Ubuntu に乗り換えました。

これと同じく、玄箱も Ubuntu がベースとしている Debian に乗せ替えることにしました。巷には玄箱の Debian キットなるものがいくつか存在していることを知っていますが、これら先人の努力に感謝しつつ、自分の勉強のため、一からセットアップしてみることにしました。

まず debootstrap を使ったインストール方法に関するドキュメントを読み、玄箱へ USB 経由で IDE ハードディスクを /mnt に接続。ミラーサイトから debootstrap-udeb_1.0.2_powerpc.udeb をダウンロードし、ar -x で展開。/usr/sbin/debootstrap etch /mnt http://ftp.us.debian.org/debian と実行し etch のブートストラップをインストール。

次に /etc/resolv.conf を /mnt/etc にコピーし proc と /dev を /mnt/proc と /mnt/dev にマウント。あとは /mnt に chroot し、ドキュメント通りに設定を一通りこなす。Gentoo で慣れていたので、こういったインストール方法は苦でもなんでもありません。

そして、カーネルを 2.6 にするので、既に作りこんでいたカーネル と /lib/modules をコピーし、udev をインストール。

最後に玄箱特有の設定。watchdog と shutdown に関する設定を http://www.kurobox.com/mwiki/index.php/Debian_udev を参考に書き換えてひとまず終了。

設定したハードディスクを玄箱に入れ換えて起動。あっさりと Debian Linux が起動しました。あとは ssh, ddclient, dhcpd, apache1 に squid 等、自分が使っているアプリケーションをインストールして環境を戻し終えました。

最後に、電源スイッチに関する設定は kuroevtd ではなく avr_evtd を使うことが推奨されているようなので、来週末にでも設定してみましょうかね。

これで UNIX 歴は

  1. Solaris 2.6 -> 8
  2. FreeBSD 4
  3. Gentoo Linux 2004.1 -> 2007.0
  4. Ubuntu(feisty), Debian Linux(etch)

となっていくのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと出た New iMac。でもツルツル液晶に

おおよそ 1 年ぶりに iMac がモデルチェンジ。外装はアルミニウムとガラスを基調とした iPhone 似(かなぁ...)、すべての機種に Firewire 800 が搭載されたり、メモリーが最大 4 GB まで搭載できたり、さらに Core 2 Duo Extreme X7900 (24 インチのみ)が選べたりと順当なスペックアップです。

が、残念(?)なことにディスプレイが MacBook 同様、ツルツル液晶になってしまいました。Engadget さんの写真 をみると、写り込みがはっきりとわかります。

またデザインも、あの意味不明な黒い縁が気になります。なんか、PowerMac G4 MDD(鉄仮面)とおなじ匂いがするのは私だけ? また、搭載されている ATI Radeon 2400/2600 にまつわるパフォーマンスの話がいろいろとあったのでリンクしておきます。

iMac に Leopard が搭載されたら買おうと思っていたのですが、なんとなくすっきりしない感じです。ひとまず週末にでも AppleStore に行ってみてこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

elgato turbo.264 買いました

娘を HDV で撮影し、それを iMovie HD で DV ワイド(16:9)として取り込み、編集。という流れが出来ているのですが、出力が iDVD しかないので、HDD の容量がどんどん減ってしまっていました。

H.264 の動画として保存したかったのですが、いかんせん iBook G4 だと変換がとても遅いので、ハードウェアエンコーダーが欲しくてたまりませんでした。

そこで前々から気になっていた、H.264 ハードウェアエンコーダー turbo.264 が Ebay で新品 2 割引で販売していたので、思わず買ってしまいました。

20070806_1
iBook G4 に差したところ。となりの USB が使えなくなるくらいデカい。

iMovie HD から直接 turbo.264 を使った変換が出来るのですが、なぜか 16:9 の DV を扱うときは、"クリップを全部選択" -> "選択したクリップのみを共有" として書き出さないと、アスペクト比がくずれてしまいました。

20070806_2

約 50 分の動画ですが、turbo.264 を使わないと、おおよそ 260 分(5 倍強)。
20070806_4

turbo.264 を使うと約 100 分(2 倍)まで短縮できます。
20070806_3

これでも十分遅いですね。試しに同僚の Intel Mac 搭載機で試させてもらったところ、ほぼ 50 分(1 倍)で変換できるようです。やっぱり iBook G4 で動画編集は、そろそろ限界か。

出来上がった H.264 の動画。10MB/分 というとてもコンパクトながら、画質は満足いくレベル。
20070806_5

ちなみに iPod Video 用のプロファイルを使って書き出したので、iPhone でも見られることを確認しました。

20070806_6
iPhone で見られるので、これから H.264 の動画を増やしていきますかね。

なお、いままで撮り溜めた動画も一括で変換できるユーティリティが存在しています。ちょっと確認した限りでは、QuickTime で観られる形式であれば、ほとんどの動画を H.264 で変換できるみたい。DivX や Xvid、MPEG2 等は Perian を使うのがおすすめ。(x.264/avi は未だ変換できず)

9 月 10 日追記 : DVD を直接 Turbo.264 を使って H.264 に変換する方法を載せました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »