« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

iChat で使える USB Video Camera を買う

ちょっと前の話ですが、MacOS X 10.4.9 から UVC(USB Video Class) に対応した USB ビデオカメラが使えるようになったみたいです。UVC といっても、ここ最近販売されているほとんどの、いわゆる "Web カメラ" は UVC 対応になっていると思います。

娘が産まれたということもあって、日本に居る家族にいち早くその映像を伝えるべく、iChat や Skype Video によるビデオ電話をするために UVC 対応の Web カメラを買ってきました。

購入したのは Logitech の QuickCam Pro 5000(恐らく日本では ロジクール社の Qcam Communicate STX だと思います)

20070430_1
とりあえず、繋いだだけで iChat から使えるように。クオリティは Firewire カメラ(iSight や DV カメラ)と同等でした。

20070430_2
Skype からも問題無く認識される。Skype Video 自体のクオリティが iChat より劣るため、Mac 同士なら iChat の方が良いと思われます。

もちろん Windows XP MCE でも、ドライバをインストールすることなく利用できました。いやぁ、ほんとうに便利な世の中になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカで出生届を出す

娘が生まれて 1 週間ほど過ぎましたが、出生届を出さなければなりません。よくアメリカで子供を産むと、「アメリカの国籍がもらえる」等と言われ、芸能人とかが出産だけして帰っていくといったニュースを耳にしますが、これは本当です(在アメリカ日本大使館の説明)。

といっても、日本では 22 歳を過ぎると二重国籍を認めてないため、両親がアメリカに永住でもしてない限り、あまりメリットは感じられません(子供だけアメリカ人扱いになり、日本での生活、仕事で不自由を感じるでしょう)。

まぁ、いずれにしても出生届をださないと、日本人にもアメリカ人にもなれないので、早速書類を用意してみました。まずアメリカですが、アメリカへの出生届は、病院がしてくれます。事前に必要な書類を病院からもらっておき、両親の情報を記入しておきます。入院の際にこれを提出しておくことで、すべて病院まかせで提出は完了しました。数週間後にソーシャルセキュリティカードが送られてくるそうです。

日本への出生届は、すべて自分で行わなければなりません。事前に日本大使館から用紙をもらっておき、出産に立ち会ってくれた医師からサインを書いてもらいます。これを日本大使館に提出することで、日本の戸籍に乗せてもらうことができます。ちなみに出産後 3 ヶ月以内に提出しないと、日本国籍がもらえなくなりますので、注意が必要です。

20070421
大使館から送られてきたサンプル。カタカナかよ...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

娘が産まれました

遅ればせながら、私もついに父親になりました。予定日よりも 2 日早く、11 日に産まれました。女の子です。2744 g なので、標準的か、ちょっと小さめでしょうか。名前は妻から取って「春菜」と名づけました。英語名をミドルネームとしてつける予定です。

Cimg1246
産まれた場所。Huntington Memorial Hospital (Google maps)

日本での出産経験がないので、なんとも言えませんが、アメリカでは産婦人科では診察のみで出産はしてもらえず、上記の Huntington Memorial Hospital という総合病院(?)で出産を行いました。そしてこの病院では

  • 陣痛から出産まで看てくれる助産婦
  • 出産時に子供を取り上げて、妊婦のアフターケアをしてくれる産婦人科の医者
  • 取り上げた子供をケアしてくれる小児科の医者

の 3 人の医者が出産に立ち会ってくれました。みんな担当が別々なんですね。また、加入している保険会社にもよりますが、出産後の入院は 48 時間までしか保険が効かないため、もう自宅へ帰ってきています。

Cimg1248
ほとんどの人が、父親似といってますが、どうでしょう?

それにしても、子供が居るというのが、こんなに幸せなことだとは思いませんでした。でもとても眠いですね...

| | コメント (8) | トラックバック (4)

休みが少ない ?

日本に居た時は、3 連休や国民の祝日が、毎月のようにあったような気がするのですが、アメリカに来てからはそれがあまり感じられません。

ということでまとめてみました。

日本の祝日アメリカの祝日
元旦(1/1)New Year's Day(1/1)
成人の日(1 月第 2 月曜)
建国記念の日(2/11)President's Day(2/19)
春分の日(2007 年は 3/21)
昭和の日(4/29)
憲法記念日(5/3)Memorial Day(5/28)
みどりの日(5/4)
こどもの日(5/5)
海の日(7 月第 3 月曜日)Independence Day(7/4)
敬老の日(9 月第 3 月曜日)Labor Day(9/3)
秋分の日(2007 年は 9/24)
体育の日(10 月第 2 月曜)
文化の日(11/3)
勤労感謝の日(11/23)Thanksgiving Day(11/22)
天皇誕生日(12/23)Christmas Day(12/25)
ゴールデンウィークは、本当にうらやましい。

日本だと、これ以外にもお盆休み/夏休みや年末年始の休みがあったりするので、本当に休みが多いのがわかります。(ちなみにアメリカだと Thanksgiving Day や Christmas Day の前後が休みになるケースがあるようです)

アメリカに行く前は、アメリカって、どーんと 2 〜 3 週間くらい長い休みがもらえて、海外旅行とか簡単に行けるんだよなーと漠然と思ってましたが、実は有給を使える権利が尊重されているだけであって、普段の休みはほとんど無いことに気づきました。

あー、次の vacation はいつになることやら...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »