« H-1B 通りました | トップページ | アメリカで交通違反車が »

アメリカの住宅事情

10 月の引越しに向けて、ロサンゼルスの住まい探しをしているのですが、いくつか日本と異なる点があるので、気を付けなければなりません。最も重要な点は「家賃と治安は比例する」ということ。日本の都内だと都心に近い程、家賃が高いという傾向がありますが、アメリカでは都市機能が分散しており、また車通勤が基本なので、都心という概念は薄いのかもしれません。

また、賃貸物件も


  • アパートメント(日本と同じ)

  • コンドミニアム(マンション、アパートとの違いがよくわかってない...)

  • タウンハウス(一つの屋根の下に 2 件以上の物件が入っている。一軒家に近い)

  • 一軒家


と様々です。今の所コンドミニアムかタウンハウスで見ているのですが、Pasadena 市内で、よさそうな所だと月 $1800(20 万円くらい。1 bedroom)という値段になっていまいます。会社の同僚は、「そんなに出すんだったら、別な町で家を買った方が、結果的に安くつくかも(後で売れるので)」と勧めてくれます。

しかしアメリカの不動産は現在、バブル状態で最も値段が高く、もうはじけるのが目に見えてます(アメリカ人は、はじけないと信じてるらしいですけど)。また、このさき何年アメリカに居られるか分らないので、さすがにまだ買う気にはなれません。

しばらくは多少狭くても、そこそこな所に住んで様子見ですかね。

|

« H-1B 通りました | トップページ | アメリカで交通違反車が »

「海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166812/11567926

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの住宅事情:

« H-1B 通りました | トップページ | アメリカで交通違反車が »