« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

日本に帰ります

9 月にビザの書き替えと、日本からの(完全な)引越しのため、一時帰国します。9/13 からしばらくは日本で生活する予定。アメリカ大使館に行かなければならないのと、日本に滞在中でも仕事のレポート(というか、プログラム)を書かなければならないので、しばらくは東京で過ごすと思います。

また、住民票の移動やら免許証の書き替えやらがあるので、仙台にも行きます。でも、アメリカ大使館の予約が 9/22 という微妙な日程なので、仙台に行けるのはその後、最終週かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカで交通違反車が

朝、パトカーのサイレンの音がするなぁとベランダに出てみると、なんと目の前でパトカーが取り締まりをしていました。どうやらフリーウェイを降りてすぐにサイレンをならしたっぽい。(ちなみに今のアパートはフリーウェイ出口近く)

(写真取ったけど、載せて良いのかわからないので割愛)

ロサンゼルスのフリーウェイを走っていると、結構見かけるのが「野次馬渋滞」。誰かがパトカーに捕まっている箇所を先頭に、ながーい渋滞がすぐ出来上がってしまいます。アメリカ人は後ろの人を考えてないんじゃないか? というくらいに、該当箇所でスピードが落ちます。

それを嫌ってか、警察も違反者をみつけてもすぐには停止させず、フリーウェイを降りたところでサイレンを鳴らすケースが多いみたいです。違反者がフリーウェイ降りるまで、蛇のように追っかけていくのは気持ち悪いですけどね。でもそのせいか、後ろにパトカーがついたときはドキドキものです。パサデナはパトカー多いんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの住宅事情

10 月の引越しに向けて、ロサンゼルスの住まい探しをしているのですが、いくつか日本と異なる点があるので、気を付けなければなりません。最も重要な点は「家賃と治安は比例する」ということ。日本の都内だと都心に近い程、家賃が高いという傾向がありますが、アメリカでは都市機能が分散しており、また車通勤が基本なので、都心という概念は薄いのかもしれません。

また、賃貸物件も


  • アパートメント(日本と同じ)

  • コンドミニアム(マンション、アパートとの違いがよくわかってない...)

  • タウンハウス(一つの屋根の下に 2 件以上の物件が入っている。一軒家に近い)

  • 一軒家


と様々です。今の所コンドミニアムかタウンハウスで見ているのですが、Pasadena 市内で、よさそうな所だと月 $1800(20 万円くらい。1 bedroom)という値段になっていまいます。会社の同僚は、「そんなに出すんだったら、別な町で家を買った方が、結果的に安くつくかも(後で売れるので)」と勧めてくれます。

しかしアメリカの不動産は現在、バブル状態で最も値段が高く、もうはじけるのが目に見えてます(アメリカ人は、はじけないと信じてるらしいですけど)。また、このさき何年アメリカに居られるか分らないので、さすがにまだ買う気にはなれません。

しばらくは多少狭くても、そこそこな所に住んで様子見ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H-1B 通りました

先日、弁護士から H-1B の申請が通ったとの連絡が!。これで正式にアメリカで働くことが出来るようになりました!!。今年はとても難関だったらしいので不安でしたが、これで一安心しました。

これからパサデナ近辺のアパート探しやら、日本のマンションからの引越しやら急がしくなりそうですが、いずれにしても H-1B ビザへの書き替えの為に、9 月には日本に戻ります。

ちなみにこの H-1B という労働ビザについてですが、日本人がアメリカで技術者として働く為に必要なビザで、これがないとアメリカ企業から給料を貰うことが出来ませんし、社会保障等も受けられないので、アメリカに住む為には必須のビザになります。(ちなみに日本人が観光目的でアメリカに入国する際は、ビザ無しで 3 ヶ月間住むことが出来ます)

この H-1B を取る為にこの数年間がんばってきたと思うと、なんかぐっとくるものがありますね(遠い目)


これから H-1B を目指そうと思っている人へ。

そもそも H-1B を申請するためには、アメリカ企業からの支援が無いと不可能なので、アメリカ企業への就職活動が先になります。その際、ビザサポートが必要ということを主張しなければなりません。もし、その企業がビザに疎い場合、内定は出たけど、ビザ手続きが遅れたため、入社が 1 年先送り or 内定取り消し、なんて笑えないケースもあるので慎重に交渉しなければなりません。とにかく時間がかかるものなので、数ヵ年計画でかんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた砂漠の町へ(Lancaster)

最近、日帰りドライブで行ける範囲を行きつくした感があるのですが、先日は Pasadena の北、山を越えた所にある Palmdale と Lancaster に行ってきました。(Google Maps)

Cimg0965
途中の山越えは、Need For Speed そのもの(わかる人だけ笑って下さい)。さすがにレンタカーの身分では、クルージングモードでゆっくりと走るくらいしか出来ません。

Cimg0968
Lake Palmdale 近くにある川。あまりにも人口密度が低すぎるのが印象的。

ここから、ずーっとずーっと北東の方に向かうと、Las Vegas に行けるんだよなぁ(と言っても 400km 近くあるけど)と思いつつ、この日は Lancaster で U ターン。いつか車で行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacPro に熱/騒音問題はあるのか?

本日発表された Mac Pro は、大方の予想通り、Woodcrest を搭載した Xeon マシンで Quad プロセッサ構成となりました。

ところで、偶然にも私は今、会社で Woodcrest を使っており、そのパフォーマンスの良さを実感しているので、Mac Pro には大きな期待があります。しかし、個人的に気になっているのは Woodcrest で克服した CPU 熱問題以外にも、別な熱問題があるという点。

というのは、Woodcrest で使われている FB-DIMM というのが、とても熱くてファン無しでは触ってられないのです。さらに FB-DIMM をコントロールしているチップセットもこれまた熱い。従って、CPU ファン以外にもメモリー、チップセットにファンを当てながら使っているのが現状です。

Mac Pro の筐体 を見ると、CPU ファンが CPU とメモリーを一気に冷す構成になっているようなので、このファンがどれくらいうるさいのか、がポイントかと思います。あと、HDD にファンが無いように見えるのは気のせい?

ちなみに 3GHz の TDP が 80W、2.66GHz が 65W なので、ここは 2.66GHz を選んでおいた方が良いかもしれません。価格差も 10 万円ってのは高すぎだと思いますので(秋葉原では 1 〜 2 万円の差(1 個あたり) でしかない)。

いずれにしても、64bit 対応(32bit より遅い けど)、VT 対応で Quad プロセッサというのはとても魅力です。アメリカだと $2499 かぁ。買っちゃいそうだ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacOS X の Spotlight を Linux でも(beagle)

今の会社では Linux をメインマシンとして使っているのですが、ファイルの検索や、PDF 文書内の全文検索に「MacOS X の Spotlight が使えたらなぁ」と思うようなシチュエーションがあります。全文検索といえば Namazu という、すばらしい老舗のツールがありますが、一度 Spotlight を体験してしまうと、Namazu でも不便に感じてしまいます。

ところが最近は、Beagle という Spotlight に良く似たツールがあるようなので、早速試してみました。インストールは下記を参考に。

なお 2006/8/2 現在、Gentoo では stable(KEYWORD x86/amd64) になっているので、単に emerge app-misc/beagle するだけで良い。

インストールを終えたら、インデックス作成に移ります。デフォルトではホームディレクトリ配下が対象になっていますが、Spotlight 同様、検索対象外の指定もできます。

20060802_0

さらに Beagle には Firefox のプラグインもあり、Firefox の履歴(しかもコンテンツ)をインデックス対象に入れることができます。「あー xxx の記事が書いてあったサイトどこだったっけかなぁー、ブックマーク入れてなかったよー」という時にとても重宝します。

20060802_1
プラグインを有効にすると、Firefox の右下に Beagle が現われる。履歴に残したく無い場合はこいつをクリックすると Disable になる。

さて、ここまでだとまだ Spotlight には追いつきません。というのは、検索したい時にわざわざ Beagle の GUI を立ち上げなければならないからです。そこで GNOME のパネルに常駐する Deskbar Applet を使います(Gentoo の場合は gnome-extra/deskbar-applet)。

20060802_2
Deskbar Applet の設定画面、ここでは "Beagle ライブ" を選択する。こうすることでインクリメンタル検索が使えるようになる。

この Deskbar Applet を画面の右上に常駐させると、あとはもう Spotlight と同じような感覚で使えるようになります。

20060802_3_1
"firefox" をキーワードに検索した結果。

PDF 文書内のテキストや、プログラムのソースファイル内の変数などもヒットするので、かなり生産性があがると思います。あとは Microsoft Office のファイルの中身も検索対象になると、かなり Spotlight に近づけると思いますが、今後の Beagle に期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »