« 国際免許 | トップページ | 帰ってきました »

X11 が MacOS X に近づく(Xgl)

少々前の話題ですが、Novell が発表した Xgl のデモムービー を見てみました。Xgl は、UNIX の X11 で使える、OpenGL を駆使したグラフィックフレームワークで、ちょうど MacOS X の Quartz の様なもののようです。

デモムービーでは、ウインドウを半透明にしてみたり、Expose みたいに、画面上のウインドウを縮小してならべてみたり、Cube エフェクト を使った仮想デスクトップ等、まんま MacOS X の体験ができるような内容が見られます。(悪く言えば単なるパクリですが...)

かつて MacOS X の前身だった NEXTSTEP では、X11 上に Display Postscript を実装して、グラフィックフレームワークを提供していました。しかし MacOS X では X11 ではなく、独自実装の GUI 上に Display PDF ともいえる Quartz を実装したので、X11 がかなり古くさく見えてしまっていました。(ちなみに Windows は Vista で同等な機能が入る予定らしいです)。しかし、Xgl によって X11 もまだまだ捨てたもんじゃないと思えるのではないでしょうか?

しかし、X11 の大きな特徴であるネットワーク透過性が、Xgl でも保持できるのかが気になるところ。MacOS X もネットワーク越しに GUI アプリケーションは実行できませんからね。

|

« 国際免許 | トップページ | 帰ってきました »

「Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166812/8697369

この記事へのトラックバック一覧です: X11 が MacOS X に近づく(Xgl):

« 国際免許 | トップページ | 帰ってきました »