« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

帰ってきました

本日、仙台を出発して、東京に戻ってきました。

ほとんど毎日、学生時代の友達と会うことが出来て、とても良い思い出となりました。次は 10 月くらいに帰って来れると思いますので、今回会えなかった方には是非。

ちなみに、3/4 には出発予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X11 が MacOS X に近づく(Xgl)

少々前の話題ですが、Novell が発表した Xgl のデモムービー を見てみました。Xgl は、UNIX の X11 で使える、OpenGL を駆使したグラフィックフレームワークで、ちょうど MacOS X の Quartz の様なもののようです。

デモムービーでは、ウインドウを半透明にしてみたり、Expose みたいに、画面上のウインドウを縮小してならべてみたり、Cube エフェクト を使った仮想デスクトップ等、まんま MacOS X の体験ができるような内容が見られます。(悪く言えば単なるパクリですが...)

かつて MacOS X の前身だった NEXTSTEP では、X11 上に Display Postscript を実装して、グラフィックフレームワークを提供していました。しかし MacOS X では X11 ではなく、独自実装の GUI 上に Display PDF ともいえる Quartz を実装したので、X11 がかなり古くさく見えてしまっていました。(ちなみに Windows は Vista で同等な機能が入る予定らしいです)。しかし、Xgl によって X11 もまだまだ捨てたもんじゃないと思えるのではないでしょうか?

しかし、X11 の大きな特徴であるネットワーク透過性が、Xgl でも保持できるのかが気になるところ。MacOS X もネットワーク越しに GUI アプリケーションは実行できませんからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際免許

相変わらず有給消化中。相変らず口座の解約やら歯医者やら、日本にいるうちに出来ることを処理しています。今日も国際免許を取りに 神奈川県運転免許試験場 へ。

国際免許を取得するのは 2 回目ですが、筆記試験や免許更新と比べて、国際免許はすぐに取得出来るので、とても楽です。午後に行ったせいか、とても空いており、全く並ばずに窓口に書類を提出することが出来、5 分程度で取得することができました。

オンラインで手続きが出来るようになると、もっと便利なんですけどねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有給消化中

今週から、有休消化にはいっています。...と共に風邪を引いてしまいました。やっぱり緊張がなくなると一気に疲れが出てくるようです。

今週は シティバンク 口座の開設や、さまざまな住所変更手続き、解約手続きをすすめています。現在使用している NTT Docomo の携帯ですが、海外に持って行っても使えるローミングサービス に入ろうかと思い、Docomo ショップに行ってきました。

話を聞いてみると、通話していなくとも 100 円/日かかってしまうので、長期で滞在するには全く向きません。また念のため、電話番号等を残しておきたいので、休止 してみようかと思ったら、6 ヶ月以上休止した場合は番号が変わってしまうらしく、これまた NG。

しかたがないので、携帯電話は今月いっぱいで解約する予定です。電話番号もメールアドレスも廃止です。なんか悲しい...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ大使館に行ってきました

今日は、会社を休んで アメリカ大使館 に行ってきました。目的はビザ取得に必要な面接を受けに来たのですが、とにかく朝が早い。予約が 8:45 だったのですが、入り口で空港並みのセキュリティチェックがあるため、最低でも 30 分前には来ないとダメなものらしいです。

実際、大使館前にはビザ面接のため、30 人強の人が並んでおり、一人ずつセキュリティチェックを受けていました。賞味 20 分くらいで館内に入ることが出来ましたが、本当に厳重でした。携帯、デジカメ、iPod 全て持ち込み不可でした。

一方、面接そのものは、とてもあっさりとしていました。面接っていうくらいだから、企業面接みたいなものを想像していましたが、実際は免許センターの書き換えみたいな感じ。窓口越しに 1 〜 2 分質問と、指紋を取られてあっさりと終了。

もともとトラベルエージェントを介して手続きしていたのもあるでしょうけども、こんなあっさりしていると取得できるんですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »