« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

英語を書くときに役立つページ

よく、英語で書かれた Web ページを読むのに翻訳サイトを使ったりしますが、それとは逆に英語で書かなければならない際に、私がよく利用するサイトを紹介します。

前者は英語の文法についてよくまとまっています。中学生の時に習ったんだけどうろ覚えで、使いたいけど使えなかった表現など、とても重宝します。

後者は、単語から例文を探し出してくれるので、すぐに文を書くことが出来ます。和英、英和どちらでも使えるので良いです。実際は英辞郎の Web インタフェースのようです。

学生時代にこんな便利なサイトがあれば、今頃、英語で苦労しなかったかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Java の文字化けを直す 2(Linux, Java Studio Creator 2)

なんと、昨日 Java Studio Creator が JDK 1.5 でうまく動かない、と書いた直後、Java Studio Creator 2 がリリースされたじゃありませんか! うーん、タイミングが良いのか、悪いのか。

ということで、早速ダウンロードしてみましたが、相変わらず JDK 内蔵のため、文字化けしています。英語モードでインストールした後、--jdkhome で、文字化け済みの JDK 1.5 を指定してみたところ、問題なく動くことは確認しました。

ベースとしている NetBeans が 4.1 らしいですが、もうすぐ 5.0 がリリースされそうなので、これも微妙な時期といったところですが、せっかくなので試してみましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Java の文字化けを直す(Linux)

結構前の話ですが、Java Studio Creator が、無償で利用できるようになった ので、早速試してみようと Linux 版をダウンロードしてみました。Java Studio Creator は、NetBeans をベースにしているようなので、これが快調なら NetBeans もつかってみようかな?

ということでインストーラを起動すると、いきなり文字化け。Java で GUI を使う機会がほとんどなかったので(Eclipse を除く)、いろいろ調べて設定してみました。Gentoo Linux と JDK 1.5.0.06 の場合、

  • /opt/sun-jdk-1.5.0.06/jre/lib/fontconfig.bfc を別名に move
  • /opt/sun-jdk-1.5.0.06/jre/lib/fontconfig.properties.src を fontconfig.properties に copy

し、kochi-substitute を使うように fontconfig.properties を書き換えて みました。

これで、いわゆる豆腐は解消されるだろうと思い、再度 Java Studio Creator のインストーラを起動。やっぱりダメです。仕方が無いので

% LC_ALL=C ./creator-2004q2-linux-ml.bin

と、英語モードで起動して、インストールだけ実行。インストール後ファイル構成をみると

Java Studio Creator の java ディレクトリ内に、JDK 1.4.2 が入っているじゃないですか!

よくみると起動スクリプトに jdkhome のオプションがあったので、

% ./runide.sh --jdkhome=/opt/sun-jdk-1.5.0.06

とすることで、文字化け解消済みの JDK1.5 を使ってくれるようになりました。

...と思ったら、JSF のプレビューで意味不明なエラー続出。JDK1.5 では動かないのでしょうか? 結局あきらめて、Java Studio Creator の JDK 1.4.2 の font.properties.ja を修正して、まともに使えるようになりました。

...やっぱしばらくは Eclipse でいいや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しい日本地図書けますか?

#ちょっと息抜きに

今頃知ったのですが、「バカ日本地図」というページをみて笑ってしまいました。

http://www.chakuriki.net/japan/

これは、都道府県の境界線を無くした真っ白の日本地図に、それぞれ好きな内容を書かせたもの。確かに正確に全ての都道府県を書くのは、日本人でも難しいです。

僕なんか東北の出身で、都内に勤めているので、東日本、特に東北地方はそれとなく書けると思いますが、西の方はさっぱりです(学生の頃は、奈良が京都の中にあると思っていたし 笑)。逆に関西の人が東北を書くと、山形が無かったり、宮城を宮崎と間違えていたりと、「なるほどなぁ」と思ったりもします。

類似品として、バカ世界地図The Prejudice Map(偏見世界地図) もあわせてどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Intel Mac で EFI シェルが動く?

いろいろな所で Intel Mac に MacOS X 以外の OS をインストールしようと試みているみたいですが、Intel Mac は BIOS が無く、次世代の EFI を搭載しているため一筋縄にはいきません。そこでひとまず EFI のシェルを出す方法について模索しているようですが、ついに EFI シェルが動くところまでいったようです。

http://nak.journalspace.com/?cmd=displaycomments&dcid=407&entryid=407

EFI シェルからは Linux 等をブートすることが可能と思われるため、近いうちに Intel Mac で MacOS X 以外の OS が動くかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google Earth がおもしろい

Google Earth の MacOS X 版 が出たので、試してみました。もともと Google Maps でも同じように地図をグリグリ動かすことができましたが、Google Maps は Ajax、つまり JavaScript を駆使して作られた Web ページですが、Google Earth は、専用のアプリケーションで、地図データをオンラインで引っ張ってきているものみたいです。

earth1
ここから

earth2
このようにズームアップできる

Google Maps と違い、OpenGL をバリバリ使って立体的に動かすことが出来るみたいですね。ところで、ファイル名だけをみると Qt を使って実装しているように見えます。将来 Linux 版とかも考えているのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Intel CPU 搭載の Mac が発表

ついに Intel CPU を搭載した Mac が発表されました。

いずれもデュアルコアで、2 CPU としてつかえるはずです。大方の予想は iBook と Mac mini のモデルチェンジでしたが、思いっきりやられましたね。いずれも PowerBook G4 と iMac G5 はラインナップから無くならず、平行して売られているみたいです。

MacBook Pro って "Power" の名前が消えました。PowerPC じゃないからでしょうか。PowerMac の Intel 版 はなんて名前になるんだろう。Mac Pro?

ちなみに BIOS ではなく Intel EFI を搭載している点が気になります。このマシンに Windows Xp をインストールすることは無理かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006

年末年始は、短い休みながら親戚、友達巡りをしていました。やっぱり強行スケジュールだっただけあって、かなりへばってます。今月からかなり忙しくなりますが、ネタは増えると思いますので、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »