« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

デジカメを買い替えてみました

先日弟と、横浜に新しくオープンした ヨドバシカメラ に行ってきました。いろいろと物色をしていたら、あるものに気づきました。それは

デジカメ買い替えキャンペーン(3000 円 で買い取り)

まじっすか? うちの 200 万画素の古いデジカメでもオッケーですか? と店員に聞いてみたら、

「モノがあれば、箱とか無くてもいいですよ」

とのこと。しかしそのキャンペーン、11/30 まで なので、妻をお使いに出してみました。一応、箱とかぜんぶ取っておくタチなので、全部詰め込んで持っていかせました。そうしたら

「特に、動作確認とかしないで 3000 円で買い取ってくれたよ」

とのこと。ネットオークションでも 1000 円くらいにしかならない、あのデジカメでもいけましたか。で買い替えなので、事前に弟から、買うのであれば この機種 と薦められていたので、それに買い替えました。

camera
3G iPod(10GB) と同じくらいの薄さ

しばらくは遊べそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple Store が仙台にも

おーついに Apple Retail Store が仙台にオープンするみたいですね。

http://www.apple.com/jp/retail/sendaiichibancho/week/20051211.html

一番町 3-10-24 ということは、google maps だと このへん でしょうか。フォーラスの斜め前ですかね。

年末にまた仙台に帰ると思うので、足を運んでみましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台に帰ってました

今週は法事のため、仙台に帰ってました。十字屋が閉店セールをしている等、帰るたびにいろんなお店が変わっている気がします。そういえば、Apple Store が仙台にも出来るという噂もありますが、どうなるんでしょうね。

今回は時間がなかったので買えませんでしたが、うちの親が新しいテレビを欲しいという事で、30 インチくらいの液晶ハイビジョンを買う予定。メーカー等、全然情報がないのでこれから調べる事にしますが、弟によると Panasonic が良いとの事。情報をお持ちの方、コメントお願いします。

仙台には電気屋さんがたくさんあるので、家電天国ですよね。でもどこで買えばいいんだろう? やっぱりヨドバシでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルチコア CPU の本命?

ずーっとずーっと待たされた気がしますが、コードネーム Niagara がやっと発表されました。

UltraSPARC T1 Processor

Specifications によると、1 CPU で最大 8 コアを持ち、1 コアあたり 4 スレッド(Intel のハイパースレッディングみたいなもの)を動かせるので、見た目 32 CPU に見える優れもの。SPARC V9 Architecture なので、SPARC Solaris がメイン OS でしょうね。

でも、クロック周波数が 1.2 GHz というのは微妙なところ。SPARC CPU としてみれば早い部類だけど、同社の Opteron を搭載した X2100 シリーズ は 2 GHz を超えているので、T1 は、今後の周波数向上がいかほどになるか見極めないと手が出せない気がします。値段もね。

現に私の職場でも SPARC CPU に見切りをつけて Intel 系 CPU, OS に移行が進んできてますから、なんとかがんばってもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apple Store の Genius Bar を使ってみる

先日、初期不良のため、新品に交換してもらった iBook G4 ですが、しばらく使っているうちに、またもや問題をみつけてしまいました orz...。なんとキーボードの「end →」キーが効きにくいという症状でした。また送り返すのも嫌だったので、銀座の Apple Store に持っていくことにしました。

事前に Web から Genius Bar を予約 出来る事は知っていたので、早速予約をしようと、ポチポチしていたら、なんと、時間指定は出来ずに

「xx 時 xx 分で予約しました」

の表示が。がーん。今すぐ家を出ても間に合わないよー状態。取り消し方法も分からなかったので、とりあえず急いで家を出る事に。

その後、銀座に到着したら、案の定予約は抹消(というかとっくに予約時刻が過ぎていたのでわかりませんでした)だったので、再度予約し直して(1 時間後)、Genius の方に見てもらい、キーボードだけ交換してもらいました。

というわけで、2 回も初期不良にあたったのは奇跡(苦笑)でしょうか? それとも Apple のクオリティはこんなもんでしたっけ? いままで iBook G3, PowerMac, PowerBook(会社) を購入したことがありますが、初期不良は初めてですね。でも Genius Bar は、iPod の故障で相談に来る人がとても多かったので、やっぱり壊れるものは壊れるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacOS X にも何かが仕込まれる? SONY 製の音楽 CD

ソニー BMG の米国向け CCCD にルートキット が仕込まれているという話題が世間を賑わしていますが、あくまでも Windows 向けの話だったので特に気にもしませんでした。

しかし、なんと MacOS X のカーネルエクステンションを組み込む音楽 CD も見つかった という記事を見つけたのでリンクしておきます。

軽く記事を読んでみると、Start.app というアプリケーションを実行しないとならないという点、root のパスワードを入力しないとインストールされないと言う点から、「勝手に仕込まれる」ということでは無いようです。一番気になるのは Windows のルートキットのように、特定のフォルダ、ファイル、プロセスを見えなくする、という代物なのかですが、記事の内容だけではわかりませんでした。(単に DRM ソフトウェアをインストールするだけのように思えます)

いずれにしても、最近の SONY の音楽戦略は迷走している感がありますね...

| | コメント (0) | トラックバック (6)

20 インチワイド液晶(2005 FPW)を iBook G4 で使う

以前、Dell の 20 インチワイド液晶を Linux で使うための方法を書きましたが、iBook G4 でも使えたので、書いておきます。

iBook G4 は、外部モニタを接続させるためのアナログ端子がついていますが、あくまでも「ミラーリング」でしかなく、1024 x 768 までの表示しかできません。これだと 1680 x 1050 の 20 インチワイド液晶をつかっていても引き延ばして表示されるだけなので、文字がにじんだりして使い物になりません。

しかし 32MB VRAM の Radeon 9550 を搭載した iBook G4 には 1680 x 1050 を表示できる能力はもっており、これを PROM で封印されているだけ、というのは知っていたので、早速いじってみました。といっても、最近は自分で PROM をいじらなくても、簡単に設定してくれるツールがあるようなので、これを使ってみました。

Screen Spanning Doctor

一度、英語モードでログインし直してこのプログラムを実行して再起動するだけで、デュアルモニタ機能が使えるようになりました。

img1
ミラーが「切」になっており、1680 x 1050 まで使える事が確認。QuartzExtreme も CoreImage もデュアルで対応。

img2
主ディスプレイを外部モニタに設定することもできるので、あたかもデスクトップ機のような使い方も出来ます。

便利ですなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

東京モーターショーに行ってきました

2 年に 1 度の車の祭典、東京モーターショーに行ってきました。

motorshow
相変わらずすごい人。

回を重ねる毎に、(個人的な)わくわく度が減ってきており、案の定今回は素通りするブースが多かった気がします。もうモーターショーに来るのは、今回が最後かも。

個人的に目に入ったのが iPod 対応を謳う製品が多かった事。シェア No.1 に弱い日本のメーカーは、こぞって iPod 対応製品をだしている感がありました。いっその事 iPod の Doc Connector をオープン化して、ポータブルオーディオ標準規格にしてくれた方が、みんな幸せになれる気がしますが、Apple はオープンにはしないかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経バイトが休刊に

ついに 日経バイトが休刊 になるそうです。

日経バイトは、当時、大学生だった頃から定期購読をしていました。まだ規格が定まったばっかりの USB や IEEE1394 が紹介されていたりとか、NEXT を買収した直後の、次期 MacOS の予想(現在の MacOS X)とか、わくわくさせる内容だった記憶があります。

それから個人的興味が UNIX に移ってしまった(途中から日経バイトは Windows 一色になった気がする)のと、インターネットで新しい情報を入手できるようになってからは、定期購読を停止してしまいましたが、それがもう休刊になるとは少々寂しい気がしますね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »