« MacOS X で FOMA のデータ通信をする | トップページ | Mac を高く売る »

MacOS X 版 Doom3 体験版をプレイしてみる

かつて PC ゲームで一世を風靡した Quake シリーズですが、その Quake を開発している id Software の最新ゲーム Doom3 の体験版(MacOS X 用)がダウンロードできるようになりました。

それにしても、要求しているスペックがすごい。

  • PowerPC G4/G5, 1.5 GHz or faster
  • Video Card (ATI): Radeon 9600 or better
  • Video Card (Nvidia): Geforce FX 5200 or better

など、うちの PowerMac G4(1 GHz Dual)、Radeon 9000 じゃ満たしてないし。でも多分なんとか動くだろうという期待をこめて、ダウンロードしてみました。

doom3
キャプチャするために、フルスクリーンではなく、Window モードで起動。ちゃんと動いている。

doom3
800x600 の解像度。カクカクしていてかなり重い。

上のスクリーンキャプチャではそれなりに動いているように見えますが、ビデオカードが古いせいか、一部のエフェクトがおかしくなるシーンがありました(トイレ鏡に映っている自分とか)。いやーでも Quake3 は、完全に対戦ゲームでしたが、Doom3 は Quake2 のようにストーリーモードで進んでいくゲームなので、一度ハマってしまうと抜けられなくなるかもしれません。

|

« MacOS X で FOMA のデータ通信をする | トップページ | Mac を高く売る »

「Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166812/8634139

この記事へのトラックバック一覧です: MacOS X 版 Doom3 体験版をプレイしてみる:

« MacOS X で FOMA のデータ通信をする | トップページ | Mac を高く売る »