« iLife '05 の発売日 | トップページ | トラックバックスパム »

Oracle 10g for MacOS X

ついに Oracle 10g の MacOS X 版 が出たみたいです。仕事柄、OTN Japan のアカウントをもっているので、早速ダウンロードしてみました。

00
OTN で MacOS X 版のダウンロードができる

MacOS X 版といっても、普通の UNIX だし、JavaVM も付属しているので、移植はそんなに難しくないと思うのですが、どうだったんでしょうね。

01
インストーラ画面

まだ詳しくはみてませんが、いろいろと試してみようかと思います。

|

« iLife '05 の発売日 | トップページ | トラックバックスパム »

「Mac」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。検索で引っ掛けておじゃましました。
 今、10gのEarlyAdopterをダウンロードしてみようと思ったのですが、これってOTNJapanにはOSX Serverが必要と書いてありますね。 通常のOSXではインストールできない、ということなんですかね。

投稿: 通りすがりのoraora学習者 | 2005年2月15日 (火) 16時03分

インストールですが、MacOS X Server でなく、普通に Mac OS X 10.3 でインストールできましたよ。

ちなみに Server 版じゃないとダメなソフトは、Server 版だと思い込ませる方法があるので、それで回避も出来ます。「ServerVersion.plist」で検索すると、その方法がわかります。

投稿: ひできち | 2005年2月17日 (木) 11時32分

ひできち様
 ご回答有難う御座います。
 「ServerVersion.plist」でSERVER版かどうかを認識しているアプリは、これで偽装(?)出来るわけですね。SERVER版の機能を使用しているアプリは「ServerVersion.plist」だけでは使えなさそうですね。
 ともあれ、通常のOSX10.3.8でEarlyAdopterをインストールしてみます。
 ありがとうございました!

投稿: 通りすがりのオレオレ学習者 | 2005年2月17日 (木) 17時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166812/8634073

この記事へのトラックバック一覧です: Oracle 10g for MacOS X:

« iLife '05 の発売日 | トップページ | トラックバックスパム »